Meenapic

いつ見ても自分の撮った写真は最高だな

額装しようよ

 プリントしてみた

みなさん、写真をプリントしていますか?

僕はせいぜいL判のフォトフレームに家族の写真を入れて、リビングに飾る程度でした。しかしこのたび、職場の展示スペースに好きに写真を飾っていい権利を手にしたので、自分の写真を大きくプリントしてみることにしたのです。フレームはA3。いままでフォトコンに出すときでもA4程度だったので、未知の大きさです。

 

印刷を依頼したのはどんどんプリント(https://netprint.dondonprint.jp/index.php)さん。とにかく安いのですが、高品質なプリントで評判です。今まで何度か利用したことがあり、信頼しています。A3は250円/枚。

スマホで撮影した画像のため、正確な色味などはお伝えできませんが、かなりイメージに近い仕上がりとなっていました。今回はディスプレイをキャリブレーションしたことが効いたのかもしれません。

でかい=すごい

IQゼロ感のある見出しですが、これは真実だと思います。音楽をけっこう長くやっていたのですが、オーケストラではとにかく音量の大きさは最優先事項でした(もちろん音程が合ってるとかそういうことは当然ですが…)。

どんなにすばらしい音楽でも、音が小さければ観衆の心には響きません。それは写真でも同じなのではないでしょうか。せっかく何千万画素のカメラで写真を撮っているのに、スマートフォンの小さな画面で眺めるのはもったいないし、伝わりません。大きいプリントには力があると思いました。L判よりもA4、A4よりもA3です。(ついつい便利さにかまけてTwitterに上がっている素晴らしい写真を、スマホで消費してしまう自戒をこめて)

 

大きくプリントすると、画素数的に大丈夫なのか不安になるところですが、先述のツイートにもある通り、2037万画素のE-M1MarkⅡで撮影した写真でも、全く問題ないと感じました。

 

フレームから選びたい

しかしふと思ったのです、職場にあるフレームで飾るだけでは、ちょっとおもしろくないと。先日、Twitterで"VOUN"というアプリが流行しました。

dotapps.jp

Twitterには、思い思いに写真を額装する写真愛好家が溢れていました。あれをやりたい。そして、自分好みのフレームに額装し、自宅に飾ることにしました。職場へ飾るとかそんなことは、すでにどうでもよくなっていました(よくない)

 

大阪の額装の老舗、カワチ画材へ

 額装の知識ゼロの自分は、とりあえずグーグル先生にお願いしていい感じの額縁をおいているお店を探してもらいました。そこで出てきたのがこちら。先日心斎橋店がオープンしたばかりだそうです。

www.kawachigazai.co.jp

大丸のある御堂筋から、ちょっと中に入ったビルのテナントにその店はあります。賃料いくらなんだろう…怖い…

額装コーナーは、お店の一番奥にありました。

無数のカラフルなフレームのサンプルを背に、蝶ネクタイをビシッと締めた「フレーマー」と言われる方が応対をしてくれました。この写真ならこのフレーム、マットはこの色がいい、など。実際に写真を持ち込むことで、具体的なイメージが可能になります。

 

結果、黒の細めのウッドのフレームと、やや浅めのグレーのマットで落ち着きました。クリーム色のマットも欲しかったですが、まあまあ、また買えばいいということで。写真の設置まで行ってくれて、とても丁寧でしたので、また利用したいです。

 

これからは毎日帰ると、自分が撮った写真が出迎えてくれます。最高~。

いつか篠田桃紅の画を飾ろうと思っていたスペースなのは内緒